FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

●明るい情報のみ検索
2021/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
「全身全霊でほめる」編集者のこと
 Twitterでつぶやく
前から気になっていた石原正康 さんのDVDを見ました。

「ベストセラーはこうして生まれる~ 編集者・石原正康 ~」プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK総合2006/10/12)

石原正康 さんは大手出版社から現在おつとめの出版社に移られたころ、何かの雑誌記事で、有名作家が原稿書いたら真っ先に見せる編集者だと書かれていました。

ふつうに読むとびっくりすることではないかもしれませんが、同じ編集者としてはびっくりしたのです。というのは、たとえばA社で出版することが決まっている作家が、他社の編集者・石原さんに先に見せるということもありうるということだったからです。



えっ。そんなことをしてまで作者に熱望させる編集者なんているの?

というのが率直な驚きでした。
そんなことをおもって何年もたった最近、貸しビデオ屋さんで上記ビデオを見つけたときは、すっかり浮わついてしまいました。でも、レンタル中だったので、何日か通って、遂に借りることができ、すぐ見たのです。

すると、「全身全霊でほめる」ということが、ナレーションで言われていました。これもまた、驚きでした。石原さんは、待ちに待った原稿が来て、次の原稿が来るまでの間、読んで、すぐ「全身全霊でほめる」のだそうです。たとえ、あらが見えたり、未完の箇所が見つかっても、そこを決して指摘することはしません。逆に、本当に素晴らしいと思える箇所をみつけて「全身全霊でほめる」のです。そうすると、そのあと「著者は考える」のだそうです。「どうして石原さんはあそこをほめたのだろう」と。そしてどんどん良くなっていくのです。

だから、山田詠美さんも村上龍氏も原稿書いたら石原さんに見せるのだろうと気がつきました。

石原さんが手がけた本の実績は以下の通りです。

村上龍「13歳のハローワーク」120万部。天童荒太「永遠の仔」200万部。五木寛之「大河の一滴」253万部。(数字は放映当時)

私も「全身全霊でほめる」編集者の仲間に入りたいものだと思いました。

Secret
(非公開コメント受付中)

がんばってください!!
私もそんな情熱のある方が本を作っていると思うと感動します☆そんな方が増えるといいと思います!!
KIIROさんもそう思うでしょう?
やはりお話を聞くと、そう思うと思います。全身全霊でほめるというのはとてもすばらしいことだと思います。
プロフィール

楽多郎

Author:楽多郎
icon_twitter.png ID:xrakutaro
(フォローお願いいたします)

カテゴリー
最近の記事
生長の家の月刊誌
160x190px
日時計主義で暮らしてみる。
170*170
コミュニティサイト
160*46
お薦めマガジンQRコード
ichiran.jpg
友だちのブログです。
Entry Title List
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク