FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

●明るい情報のみ検索
2019/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
日本の出版がんばれ。
 Twitterでつぶやく
ここのところ、ツイッターで面白い人達をフォローしていたら、情報が入りすぎ、時間が取られすぎになって、ブログを更新する時間がありませんでした。これはiPhoneを購入したことが、変化への大きな原因になっています。そして、そこで知った本を何冊か買いましたし、そこで初めて知った講演会やセミナーにも参加しました。

私にとってiPhoneを通してツイッターで知った情報を必要なものは実際に本を買ったり、セミナーに行って実際に肌で確認していっているように感じています。

デジタルは、情報をより早く発信し、手軽にキャッチできる方向に進んでいます。つまり、あるひとつのコンテンツをiPhoneで読んだり、ケータイやPCで読んだりできる便利な方向に行っているわけです。

私は便利なので、インタネットにつながるようになるとノートPCを使い、外でも見たいとミニパソコンを使い、ケータイを使い、iPhoneを使うようになってきたように思うのです。

日本の出版界は現状はよくありません。朝日新聞(2009/12/13)にも「本の販売2兆円割れ 170誌休刊・書籍少ないヒット作」と言われています。

1995年以来、ずっと売上が下がっているんです。日本ではこれを電子化の所為にする風潮がありますが、出版年鑑によると、欧米では必ずしも日本のように、毎年下がっているわけではないのがわかるのです。

ディスカバージャパンの干場社長が自身のブログで出版界の問題点として次のようにいっています。

出版社の「上から目線」、「僕たち作る人、売れるかどうかなんて関係ない」体質が、読者や書店のニーズをとらえられなくなっていることの反省から、自分たちでつくって、自分たちで売る、という意識と体制への変換が求められている



私もそう思うのです。やはり、コンテンツがよければ買って読みたいですよね。だから、私は、これからはもともっと読みたくなるようなコンテンツの企画を考えるようにしていきたいと切に思うのです。

日本の他の編集者の皆様、頑張っていきましょう。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

楽多郎

Author:楽多郎
icon_twitter.png ID:xrakutaro
(フォローお願いいたします)

カテゴリー
最近の記事
生長の家の月刊誌
160x190px
日時計主義で暮らしてみる。
170*170
コミュニティサイト
160*46
お薦めマガジンQRコード
ichiran.jpg
友だちのブログです。
Entry Title List
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク