FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

●明るい情報のみ検索
2021/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
公表部数がなぜこんなに違う?!
 Twitterでつぶやく
「asahi.com」(2009.07.06)によると

1Q84が200万部到達 6週間で15刷

 村上春樹さんの長編小説「1Q84」が6日、1、2巻合計で200万部に到達した。新潮社によると、同日の増刷で1巻が110万部、2巻が90万部となった。5月29日の発売以来、異例の売れ行きで増刷を重ね、約6週間で両巻とも15刷になった。


とありました。その5日前の業界新聞「新文化」(2009.07.01)には

『1Q84』BOOK1が100万部突破

 5月29日の全国発売日から34日目の7月1日、新潮社は14刷・8万部の重版を決定し、BOOK1は累計で106万部に到達。BOOK2も同日、14刷・5万部の増刷を決め、累計87万部の発行となる。同社によると、購買客は6割が女性。30、40代の女性が最も多く、次いで30、40代の男性がメインの客層。昔からの村上ファンに加えて若い世代にも読者が広がっているという。


とあります。5日間で一ヶ月近くの売れ行きの倍なんだなあ? と思いきや、下の方は、「BOOK1」とありますので、第一巻の部数でした。はやとちりでした。それにしても良く売れていますね。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

楽多郎

Author:楽多郎
icon_twitter.png ID:xrakutaro
(フォローお願いいたします)

カテゴリー
最近の記事
生長の家の月刊誌
160x190px
日時計主義で暮らしてみる。
170*170
コミュニティサイト
160*46
お薦めマガジンQRコード
ichiran.jpg
友だちのブログです。
Entry Title List
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク