FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

●明るい情報のみ検索
2008/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
グーテンブルグ博物館に行った。
 Twitterでつぶやく
DSCF6018-s.jpg

この10月の半ばから10日ほどドイツとイタリアに行ってきた。
主な目的のひとつは、フランクフルトで行われた国際ブックフェアを視察することだった。

その時のツアーコースに「グーテンブルグ博物館」があり、そこに行ったときに、今後の出版について大きく感じたことがあったので、そのことを紹介をしよう。

グーテンブルグは印刷を始めた人、印刷のために聖書は一般的になり、そのためドイツを中心にした宗教改革の引き金になった。そう西洋史で私は習った記憶がある。

その印象でグーテンブルグ博物館に行ったところ、ガイドさんが妙に気になることを言ったのだった。それはグーテンブルグは、印刷という人間を介さない書物を作ったので、当時の教会からは良いように思われていなかったということを聞いた。

えっ!

という感じだった。私は、グーテンブルグは教会から歓迎されたのではないかと勝手に思っていたのだった。ところがよく聞いてみると、それは誤解であり、その間違いが理解できた。当時は手書きで何十年もかけて聖書の複製を作っていたが、印刷だともっと短時間でできるので、良くないものと考えられたようだった。

そうなのです。今に戻って考えると、現代もそれと同じような発明が生まれているように思う。それは電子出版といわれるものだ。ところが、当時の印刷技術と同じように、電子出版の書物は邪道で、良くないものだという出版人は多いような気がする。でも、考えてみていただけないだろうか。ひょっとすると、印刷技術の発明と同じぐらい画期的なのが、電子出版物なのかもしれないということを。私はそんな感じがしたのだ。

つまり、電子出版物には今後、新しい文化を生む可能性があり、理解しない人も含めて、多くの人たちの意識を変えるツールになりうるということを感じた次第です。

皆様は、どう思われるでしょうか?

スポンサーサイト
修行ということ。
 Twitterでつぶやく
修行という言葉を最近聞かなくなりました。
おそらく修行など、したくない人が多いのでしょう。私もその一人ですが、どうも「修行しなさい」と言ってきているとしか思えない事柄がやってくるので困ったものです。

私には娘が3人いるが、初めは私に親など務まるものか、と思っていたのですが、いまだに親らしくなれないのです。もう大学生になった一番上の娘は、向こうの方が親らしいことを言うのです。

ところが、昨日は、その娘にお手伝いを頼んで、「やっていただいていた」のですが、やり方がいまいちだったので、「こうしちゃだめだ!」といったとたん、怒って部屋に帰ってしまったのです。

「えっ?」

ていう感じです。私の青年期は、上の人には、馬鹿、頭が悪い、などとえらく言われていたものです。そのおかげで言われないように励んだものですが、最近の子供には通じません。

「やってあげてるのに、何でそんなこといわれなきゃいけないの?クヤシイ!」

ということだろうと思います。

ここで、修行ということに戻りますが、どちらが修行なのでしょうか?

1「やり方がイマイチだった娘」
2「娘に配慮のなかった私」

私は、これを書いている最中まで、「1」だと思っていましたが、書いて読み直しているうちに、どうも修行が必要なのは「2」、つまり私の方だということがわかりました。どうもまだまだだという感じです。

といっても、真にわかったかどうか不明ですが、ちょっとだけきっかけは掴んだかもしれません。

また、修行をクリアする道が続いていそうです。

プロフィール

楽多郎

Author:楽多郎
icon_twitter.png ID:xrakutaro
(フォローお願いいたします)

カテゴリー
最近の記事
生長の家の月刊誌
160x190px
日時計主義で暮らしてみる。
170*170
コミュニティサイト
160*46
お薦めマガジンQRコード
ichiran.jpg
友だちのブログです。
Entry Title List
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク